ログイン

MAIL ADDRESS
PASSWORD
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

  • オススメ
  • 限定品
商品コード:
ZR-01

ZR-01 ~貴女の畜奴にして下さい♂ 吉井 絢様 榎本あやめ様 濃厚汚物フェチ犬豚編

通常価格(税込):
6,480
販売価格(税込):
6,480
ポイント: 300 Pt
メーカーURL:
http://www.team-rinryu.com/
関連カテゴリ:
すべての商品
Project Zero > 貴女の畜奴にして下さい♂
【story】
2013/6/21に開催されたニコニコ生放送座談会パーティー参加でS性に目覚め、家畜人調教(虐め)に興味を持った"吉井 絢"お嬢様と"榎本あやめ"お嬢様は、自分達の調教スキルを上げる為、練習台としてレンタル家畜人ロンを自宅マンションに呼びつける。
家畜人調教に興味津々で虐めるのが愉しくて仕方ない二人のお嬢様は、ここ数年調教されることから遠ざかり家畜レベル低下は否めないロンに対し、先ずは手始めに犬調教として首輪を曳いての野外散歩に始まり、美脚、パンティー、オリモ ノ等の臭覚、唾痰、体液、咀嚼餌の味覚等、濃厚なフェチ調教をたっぷり時間をかけて施す。
久々の長い調教で衰弱気味のロンを更に自分達に服従する完全汚物処理豚家畜に改造する為にバスルームやトイレに監禁待機させ強制完食便器餌付けをすること に・・・。
【主な収録内容】
・人間犬調教・ 野外犬曳き・美脚嗅ぎ舐め奉仕・人間痰壷・唾痰カクテル比べ飲ませ・咀嚼餌強制豚喰い・強制聖水完飲・パンティー窒息顔騎・ スカート潜り蒸れ臭覚嗅がせ・パンティー裏地付着オリモノ臭強制嗅がせ・連続大量黄金聖水強制完食



ダウンロードデータはPCのみでご覧いただけます。
スマートフォンサイトではご覧になれませんので、ご注意ください。

数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

ZR-02 ~貴女の畜奴にして下さい♂ 吉井 絢様 榎本あやめ様 拷問ハード リンチ編

販売価格(税込): 6,480 円

S性に目覚め家畜人調教(虐め)に興味を持った"吉井 絢"お嬢様と"榎本あやめ"お嬢様は自宅マンションに呼びつけたレンタル家畜人に対し自分達の調教スキルを上げる為、既にフェチ濃厚調教で衰弱しきっていたロンの延長調教を決める。
途中で逃げられない様に拘束し各種鞭、ヒール踏み乗り、連続ビンタ蹴り打撃等、残酷で容赦のない全身苦痛系ハード拷問のオンパレードを加え続けてボロ雑巾状態にした後、更に自分達には絶対服従な性処理玩具に改造する為に家畜として一生消えない証をロンの身体に遺すことに。
長い 家畜歴の中でも初めての儀式の恐怖から、 キッチンの床に平伏し泣きながら命乞いするロンを尻目に愉しそうに微笑みながら頭を踏みつけるお嬢様達の手にはガスコンロで激熱に焼かた犬字家畜烙印が握られていた・・・。

ZR-03 ~ 貴女の畜奴にして下さい♂ 桜井由乃様 亀本ゆかこ様 濃厚汚物フェチ犬豚編

販売価格(税込): 6,480 円

ヤプーズマーケット出演がきっかけでドS性癖に目覚め、畜奴調教(虐め)に興味を持った女子大生 桜井由乃 と亀本ゆかこは、自分達の調教スキル向上の為の練習台として敢えて新入り畜奴ブングルを長期レンタルし、由乃の自宅マンションベランダのダンボール箱で監禁飼育していた。
二人の女子大生は大学から帰宅すると早速、ベランダのダンボールで飼育中の新入り畜奴を叩き起こして部屋に曳き入れ、ストレスを発散の為に陰湿で執拗な言葉責めを交えた残虐な拷問リンチを長時間加える。
苦痛の表情を浮かべ許しを乞い続ける新入り畜奴への加虐で興奮した二人は、その顔面へディルドを装着し、ベッドに金属の手足錠で拘束して身動き取れない様にし、強制口舌舐め奉仕をさせて性処理をする。
そして、自分達には絶対服従の畜奴犬に作り上げたブングルの膚に、畜奴の証である熱く焼けた烙印を押し付け様としていた…。

ZR-04 ~ 貴女の畜奴にして下さい♂ 桜井由乃様 亀本ゆかこ様 拷問ハードリンチ 編

販売価格(税込): 6,480 円

ヤプーズマーケット出演がきっかけでドS性癖に目覚め、畜奴調教(虐め)に興味を持った女子大生 桜井由乃 と亀本ゆかこは、自分達の調教スキル向上の為の練習台として敢えて新入り畜奴ブングルを長期レンタルし、由乃の自宅マンションベランダのダンボール箱で監禁飼育していた。
二人の女子大生は大学から帰宅すると早速、ベランダのダンボールで飼育中の新入り畜奴を叩き起こして部屋に曳き入れ、ストレスを発散の為に陰湿で執拗な言葉責めを交えた残虐な拷問リンチを長時間加える。
苦痛の表情を浮かべ許しを乞い続ける新入り畜奴への加虐で興奮した二人は、その顔面へディルドを装着し、ベッドに金属の手足錠で拘束して身動き取れない様にし、強制口舌舐め奉仕をさせて性処理をする。
そして、自分達には絶対服従の畜奴犬に作り上げたブングルの膚に、畜奴の証である熱く焼けた烙印を押し付け様としていた…。